通信制高校は偏差値に関係なく入学することができた

通信制高校であれば偏差値に関係なく入学できる可能性がある

中学生時代は不登校だったので、あまり真面目に勉強することができていませんでした。
保健室や自宅で勉強することもありましたが、学校に行く頻度が減ってからは授業についていくことができなくなり、自分で学習しようと思ってもしっかりと勉強することができなかったのです。
しかしながら、将来のことを考えると高校は卒業しておくべきだと考えるようになり、何とかして高校に入学しようと思いました。
残念ながら、過去問を解いたりしたところ、自分の偏差値では入学することができるような高校がなかったのです。
諦めるしかないと思っていたのですが、兄が通信制高校であれば偏差値に関係なく入学できる可能性があると教えてくれました。
兄の友達もあまり学校に行かず勉強ができなかったのですが通信制高校であれば入学することができたと分かり、自分も入学を希望することに決めました。
両親に相談するとオッケーをもらうことができ、調べてみたところ通える場所にある通信制高校では小論文と面接による試験を受ける必要があることが分かりました。
対策を行って試験を受けたところ無事合格することができ、入学することができたのでよかったです。
通信制だと偏差値が明言されていないので、しっかりと勉強を行うことができないのではないかという不安もありましたが、自分のペースで学習を進めることができました。
中学生の途中から授業の内容についていけていなかったので心配でしたが、サポートをしてくれる先生も存在しており、勉強が得意ではなくても学習を進めることができる方法を教えてもらうことができましたし、提出しなければならないレポートは基礎的な問題ばかりだったので、しっかりと勉強してればついていけないということはなかったです。

UTFR執行部6人いるんだけど、経歴が
・偏差値30の通信制高校から塾なし東大合格
・高校17年ぶり東大、塾なし現役合格
・偏差値39のFラン高校卒現役合格
・偏差値38の高校から全国偏差値109東大現役合格
・高校の歴史上初めてかつ唯一の東大合格

と激しい

— 高みき@そろばん先生⇄東大生 (@TakaMiki1101) May 14, 2019

通信制高校であれば偏差値に関係なく入学できる可能性がある / 通信制でも友達を作ることができた点も嬉しいポイントだった / 自分の学力を伸ばすことができる通信制高校に出会えたのでよかった